そこを何とかしのいでください

仕事・夢・勉強・生活 いろいろしのいできた記録。今をしのぎたいあなたに。

父のホームページ作成 -アルゼンチン債のデフォルト-

f:id:the_third_life:20170606162211p:plain

父親早期退職し、退職金をアルゼンチン債で飛ばす...

「実家の資金難、父親の仕事問題で悩んだことはありませんか。」なんて定型文で始まるようなさらっとした話でもない、家族は本当に絶望し落ち込んだ。

父親が会社にはめられて退職金を0にされそうになったり、裁判するぞと書面をだしてやっと手に入れた退職金を、野村證券に預けた挙げ句、アルゼンチン債がデフォルトになり、一旦は「諦めてください」という状態に。

父は、バイトに行ったものの…さてどうなったのか。

無くなった父の退職金

投資は余裕資金で行えとよく言うが、父は何を思ったのか、退職金を使ってリスクの高いアルゼンチン債を買っていた。昔、郵便局の定額をすすめてくれたあの父が。

買う方にももちろん問題はあるけれど、資金の性質を聞いていない野村證券にも落ち度はあると思う。

何はともあれ、退職金が飛んだ。家族の絶望と言ったらない。特に母は、今まで口を出さずに子育て、パートに勤しんでいたので無理もない。

心配した従姉妹が、父の資格を生かした仕事を見つけてきてくれた。

某有名専門学校の資格取得講座の講師だ。(ちなみにそれとは別に、夜間の高速道路に凍結を防ぐ塩を撒くという仕事もしていた...)

ちょっと大きな借金を背負ったくらいの勢いだった。

講師の仕事をもめて辞める

数年は、講師業をやっていたと思う。しかし、ある日突然、専門学校の関係者と揉めて辞めてきたと告げられた。

年齢的にも性格的にも、新しい人間関係でうまくやって行くのが困難だったのだろう。母と違って父は、人と交流したり長くうまくやって行くのが苦手のようだった。友達も少ないし、いる友達はめっちゃいい人ばかり。かなり、父を多めに見てくれているのだろう。(推測)

とにかくメインの仕事は無くなった。

会社をやるというので止める

しばらくして父から連絡があり「会社をやろうかと思う」と告げられた。その時の恐怖たるや!

今でも覚えている、東梅田からちょっと歩いた小さな事務所から出て、小声なのに激しく「何を考えているの!!」といい放った時のことを。

亭主関白で俺様な父に怒鳴ったのは、これが初めてではなかろうか。

会社なんかやって、大きな借金でも背負ったら返せるあてがない。私は年収750万くらいの仕事を辞めて、新しく手に職をつけ始めたばかりだったのだ。

辞めなければよかったか...

リスクの確認をしてGOを出す

また連絡があったので、詳細を聞いた。

まずは仕事の内容について。これは、以前やっていたと講師業だった。ノウハウはわかったので同じ事をオリジナルでやるというのだ。(倫理的にどーなの?)そんな無茶苦茶な話ではなさそうだ。

次に、リスクの確認。いくら初期費用がかかって、ランニングコストはいくらで、収益予想はどれくらいかを聞いてみた。やる気満々だったようで、どれも口頭で答えていた。金額はどれも微々たるもの、手に終えそうな雰囲気。

最後に、現在の準備計画についても聞いてみた。広告宣伝、生徒募集、規模など、どうするのか。チラシ配布の際のコスト、お願いする人材、配布場所に至るまで全て計画済み。年間100人くらいまでは面倒を見れると言う。東京、名古屋、大阪で講習を行い、あとは通信でも指導を予定していた。会場の目処もつけていた。

うーん、申し分ない。父よ、なんでアルゼンチン債なんか買ったねん。。。

最後に火の粉が飛んできた。Web修行中の私に、ホームページを作って欲しいと。

 

やらないわけにはいかないよね。。

ホームページ作成へ

当時習ったホームページの作成方法は、今のCSSレイアウトではなく、テーブル組みのものだった。

それでも、スケッチブックにロゴを書いてみたり、Fireworksでデザインを起こしたりしてみた。今となってはダサい、習ったばかりのエフェクト使ったりして。フォームのcgiは同僚に15,000円でつけてもらった。

ふふふできたぜ。父は、デザインに関して文句を言わないクライアントだった。そして、商売気のないクライアントでもあった。Twitterや、合格者の声、合格率の掲載なんてもっての他。と怒られた(なぜ...)。団塊の世代で職人気質だからだろうという勝手な分析。

しかしながら後でわかるが、それはもう大手にはない丁寧なアナログ対応、気になったら直ぐに電話するというスタイルで、中年受講者には感謝されているらしい。

勝手にプロバイダを変えてサイトが飛ぶ

悪気がないと言えばそれまでだけど。実家に「光ケーブル」系の営業がきて、「早い」「安い」みたいなことを言ったみたいだ。

何の気なしに現在のプロバイダを解約して、光ケーブルが導入された。そのプロバイダには会社のサイトが上がっていたんだ。

アクセスができないという父からの問い合わせで発覚したと思う。順位もよく、生徒さんからのアクセスも多かったというのに。

これもまた仕事中に怒りまくった記憶が。。なんか怒鳴るの慣れてきた気がする。何も知らない父はちょっとかわいそうだったかな。

とにかく、サイトを復活させなければならなかった。

現役の74才

さて、紆余曲折あった父の会社、旧型ホームページも、たいしたテコ入れをされることなく10年が経過した。サイトを復活させて10年なので、もっと古いのかな。

いまではこんな旧型サイト、恥ずかしいかぎりなんだけれど。
年間に50人くらいが限界という中で、あまり集客できてもしょうがないというのでそのままに。

大儲けはできないけれど、ボケ防止と暇つぶしと小銭稼ぎで、ちょうどいい感じになっているのではなかろうか。

1年に10万円くらいは利益あるのか。あったとして10年で100万円。スタート時はもっと激しくやっていたから、トータル200万円くらいにはなったのか。

 

デフォルトがなかったら発生しなかった作業や仕事。

あのお金は取り戻せないけど、やっぱり今でもくやしいけど、何かしらちょっとやってやったぞという満足感。

志しが低いなぁと思うけど、74才でここまでぼちぼちやってきた、すごいんじゃなかろうか。

父はワード入力もうまくなったし、そのおかげでネットでコミュニケーション取れるし。

節約を余儀なくされた母も悔しいだろうけど、おそらく性分だからまだ働いている72才。

 

いつまで続くのか、続いて欲しいし、楽して欲しいし、難しいから。私が何か一発逆転満塁サヨナラでFXでも...

しないしない。絶対そういうのは遺伝してるからな。博打はしないんだ。

コツコツブログ書くよ、まってろよ。

 

ということで、この案件は現在もしのぎ中。